白菜の大量消費! シャキシャキ白菜とツナのサラダ

   

白菜とツナのサラダ

生の状態では大量にあるように見える白菜も、サッと茹でて水気を絞ってみるとかなりかさが減ります。二人で1/4の白菜をペロリと食べることができますよ。加熱することで白菜本来の甘みが引き立ち、芯に近い硬い部分も食べやすくなります。

シャキッとした歯ごたえを残し、食感の良いサラダを作りましょう。

 

材料

白菜 1/4
ツナ缶 半分
水 2L
塩 小さじ1

・わさびマヨネーズドレッシング
マヨネーズ 小さじ2
わさび 小さじ1/8
醤油 小さじ半分

 

ざく切りにした白菜 湯で白菜

白菜は2cmくらいの幅にざく切りする。青い部分は大きければ縦に半分に切ってから同様にざく切りにする。

お湯を沸かし、塩を入れ、白い部分から茹でる。1分茹でたら青い部分を入れ、さらに30秒茹でる。ザルにあげて粗熱がとれるまでおく。余熱でも火が通るので、茹で過ぎないように注意しましょう。

絞った白菜白菜とツナの温サラダ

手でギュッと絞ってボールに移します。まな板の上から溢れんばかりだった白菜も、野球ボールよりも小さくなってしまいました。

ボールに水気(オイル)を切ったツナを入れてさくっと混ぜ合わせます。ツナも白菜もしっかりと水気を切ることで、ドレッシングをかけた後もベチャッとしません。

ラー油ドレッシングとわさびマヨネーズドレッシング

出来たてを温サラダとして食べても非常に美味です。小皿に取り分けて、各自がお好みのドレッシングをかけていただきます。サラダ自体がサッパリとした味なので、わさびやラー油などのパンチのあるドレッシングがよく合いました。

シャキシャキ白菜とツナのサラダ
 
Prep time
Cook time
Total time
 
Author:
Serves: 2
Ingredients
  • 白菜 ¼
  • ツナ缶 半分
  • 水 2L
  • 塩 小さじ1
  • マヨネーズ 小さじ2
  • わさび 小さじ1/8
  • 醤油 小さじ半分
Instructions
  1. ドレッシングを作っておく。
  2. 白菜は2cmくらいの幅にざく切りする。青い部分は縦に半分に切ってから同様にざく切りにする。
  3. お湯を沸かし、塩を入れ、白い部分から茹でる。1分茹でたら青い部分を入れ、さらに30秒茹でる。
  4. ザルにあげて粗熱がとれたら、手でギュッと絞ってボールに移す。
  5. ボールに水気(オイル)を切ったツナを入れてさくっと混ぜあわせる。
  6. 小皿で各自がお好みのドレッシングをかけていただく。

 

ツナがドレッシングを吸い取るので作り置きも可能ですが、出来るならドレッシングは後がけにした方が良いと思います。作り置きする場合はなるべく早く食べるようにしてください。

白菜のシャキシャキとした食感がたまらない、温かいままでも冷やしても美味しいサラダです。

 - レシピ , , , , ,

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Rate this recipe:  

  Related Posts

分量も簡単に覚えられる クレープ生地の作り方

簡単に覚えられて、簡単に作れるクレープ生地のレシピです。生地は甘ったるくないので …

自家製 粒マスタードの作り方

ホットドックやドレッシングにも使える粒マスタードは、ご家庭で驚くほど簡単に作るこ …

ホワイトソース
ダマにならない ホワイトソース(ベシャメルソース)の作り方

ドリア、ホワイトシチュー、グラタンなど様々な料理に欠かせないホワイトソース。小麦 …

かぼちゃのオーブンロースト
かぼちゃのオーブンロースト 作り方

オーブンでローストするかぼちゃのレシピです。出来たては外がカリッ、中がホクッとし …

ピェンロー 白菜鍋
白菜の大量消費なら 扁炉 (ピェンロー) 白菜鍋 作り方

dancyuの「日本一のレシピ」で読者支持率No.1として紹介されているのが、妹 …

カレー粉で簡単 タンドリーチキンの作り方

インドの家庭のように、レシピに合うスパイスをその都度調合するのは難しい!そもそも …

オクラのカレー オクラマサラ

オクラをメインとしたベジタリアンカレーのレシピです。 オクラはインドでも親しまれ …

ジャガイモとカスリメティのサブジ インド風の炒めもの

じゃがいもと、カスリメティ(乾燥させたフェヌグリークの葉)を使った炒め物(サブジ …

翌日も柔らかい 小麦粉 トルティーヤ生地の作り方

小麦粉に熱湯を加えてデンプンを糊化させた「湯だね」を使うことで、翌日以降も柔らか …

圧力鍋を使わない 緑豆・ムングビーンズの下茹で方法

圧力鍋を使わない場合は、豆を十分に吸水させることが肝要です。調理の前日までに豆を …