Windows7 タスクマネージャーにあるcsrss.exe とは

   

Windows Screen

photo credit: mendhak via photopin cc

パソコンの調子がおかしくなってきたので、変なプログラムが起動していないかタスクマネージャーをチェックしています。

今回、目についたのは「csrss.exe」です。ユーザー名も説明も空欄になっており、プロパティを閲覧しようとしてもファイルを開くことができません。

csrss.exe

そこで、タスクマネージャーの下部にあるすべてのユーザープロセスを表示をクリックします。

csrss All Users

csrss.exeがWindowsのシステムファイルだということが分かりました。

 

クライアント サーバー ランタイム プロセス

csrss property
csrssは「Client/Server Runtime Subsystem / クライアント サーバー ランタイム プロセス」の略で、Windowsの重要なシステムファイルのひとつです。

ファイルの場所は「C:\Windows\System32」です。

csrss.exeが2つあるように見えますが、プロセスが2つあるだけでファイルが2つあるわけではありません。念の為にウイルススキャンを行いましたが、ウイルスは検出されませんでした。

 

RLTrapウイルス

「csrss.exe」という名前で自身のコピーを作る「RLTrapウイルス」が存在します。

独立行政法人情報処理推進機構によれば、このウイルスはWindows 7環境でのみ動作するそうです。

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[2011年10月分]について

上記サイトの指摘するとおり、ファイル名を偽装しているウイルスも存在するので、ウイルス定義ファイルを最新に保ち、Windowsの脆弱性対策も行うことが重要です。

 - WEB

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  Related Posts

Virtualbox が起動しない時の対処法

新しいデスクトップにVirtualboxをインストールし、起動しようとしても「T …

Windowsの起動音や終了音を変更したり消す方法

Windowsは重要な更新があった場合や、エラーが発生したとき、あるいは起動・終 …

Googleで英語サイトのみを検索結果に表示する方法

Googleで調べ物をするときに、英語ページのみ検索したいときがありませんか。 …

Recycle Bin
デスクトップからゴミ箱のアイコンが消えた場合の復元方法

デスクトップ上に表示されている「ゴミ箱」は、削除したファイルの一時的な保管場所に …

こんにちは
【フィッシング詐欺】NCSOFTアカウントーー安全確認のメールは危険!

NCSOFTを名乗るフィッシング詐欺のメールが相も変わらず届いていますが、今回は …

Linkclump
複数のリンクを一気に開けるChromeプラグイン「Linkclump」

複数のページを開きたいとき、リンクをひとつひとつクリックするのは面倒です。 Li …

NCSOFT > アカウント盗用報告 というタイトルのメールはフィッシング詐欺

2014年12月27日から、「NCSOFT」アンケートご協力のお願い‏‎」といっ …

VirusTotal Top
怪しいファイルやURLを確認できる「VirusTotal」の使い方

パソコンには何かしらのアンチウイルスソフトがインストールされていると思いますが、 …

YouTube 再生リストのFeedを取得する方法

自分の既存のユーチューブチャンネルから特定の動画を新しいチャンネルに移し、Fee …

ask
タスクバーに常駐している TBNotifier.exe とは

最近パソコンの動作が遅くなってきました。 余計なプログラムが起動していないかと何 …