海外長期滞在 移民の際に持って行くと便利なもの

   

BEBE The Cat In The Paper Bag

海外渡航時に荷物が多くなり過ぎるのも困りますが、海外で必要なものが手に入らないのはもっと困ってしまいます。

日本の調味料をはじめ、多くのものが海外でも購入できるようになった昨今においても、なかなか手に入れられないもの、日本で売られているものと比べると値段があまりにも高いものはいくつも存在しています。

そこで、実際に海外に長期滞在、移住を経験して、数多くある”欲しいものリスト”の中から、特に日本から持ってきて良かったと思ったものをご紹介します。

 

耳かき

たいていのものは海外でも購入できるものですが、耳かきは未だに売られているのを見たことがありません。普段から耳かきを使用している方なら持ってきた方がよいでしょう。ちなみに、海外で耳の掃除にはQ-tips 「綿棒」が多く用いられています。

 

菜箸・お箸

アジア系のお店で購入できましたが、お箸は100円ほどの安いものしかありませんでした。使い慣れているお箸と予備を多めに持っていくと便利です。

菜箸は他の調理器具でも代用できるかもしれませんが、お味噌汁を作ったりするときなど日本で菜箸を使っていた料理・調理をするときには菜箸があって良かったなと思います。

また、陶器のレンゲも一般スーパーでは見かけません。お好みですが、中華料理などに重宝します。

 

常備薬

海外でも解熱鎮痛薬、胃薬など一般的な薬は処方箋なしでも購入できますが、どのブランドが自分に合うのか分からず最初は不安になるものです。

薬は普段から使い慣れたものが一番ですから、常備薬を持って行き、徐々に海外製の薬を試すようにすると良いのではないかと思います。

私は10年以上使い続けている解熱鎮痛薬と胃薬を数箱ずつ持ってきました。

 

歯ブラシ

海外でももちろん歯ブラシは売られていますが、ブラシが大き過ぎて非常に磨きづらく、しかも値段が高めです。

コンパクトサイズが欲しいなら子供用を購入するか、電動ブラシを利用するしかありません。

電動ブラシを購入するにしても、安く良質なものが購入できるので日本から持ってきた方が良いでしょう。

 

めがね

カナダでは処方せん、メガネのフレーム、レンズを含めると数百ドル($200~400:場合による)かかることが多いです。

日本では視力検査とフレーム・レンズ込みで数千円で眼鏡を購入できるZoffやJinsのようなお店もあり、一方で高級なフレームやレンズを選ぶことができる店舗もありますよね。

海外に渡航する前に、度の合った眼鏡と予備を作っておくと安心です。

*勤めている会社のベネフィットプランによっては、コストの数十%~100%がカバーされることもあります。福利厚生をなしに購入することを考えると、カナダのメガネは非常に高いと思います。

 

ほんだし

ほんだしがあれば、海外にいても様々な日本食、日本で食べ慣れた料理を作ることができます。

かつお節、昆布、めんつゆが簡単に手に入らない海外において、ダシは非常に重宝します。

 

傘 / 折りたたみ傘

車社会のためか、国民性なのか、海外ではちょっとした雨では傘をささない人が多いです。傘自体をお店で目にすることも少なく、売られているものも値段の割に質がよくありません。私が$7も払ってやっと手に入れた折りたたみ傘も、ちょっとした風で骨が折れてすぐに使い物にならなくなってしまいました。

時期や地域によって天気が変わりやすいこともしばしばあるので、カバンに入れておける折りたたみ傘があると非常に便利です。

 

目薬

メジャーリーガーだった松井秀喜氏や田口壮氏が、チームメイトに清涼感の強い目薬をプレゼントして喜ばれた、という報道を目にしたことがありますが、今となってはそのチームメイトの気持ちがよくわかります。

日本では長らくロート製薬のロートクール40αを使用していましたが、同じような目薬を海外で手に入れるのはなかなか難しいものです。つい先日、スーッとするタイプの目薬をドラッグストアで1種類だけ見かけましたが、清涼感のある目薬は海外(カナダ)ではまだまだ一般的ではありません。

なお、医療用成分が入っているものと入っていないものがあるので、カナダで目薬を購入する際にはパッケージの注意書きをよく読むようにしましょう。

 

体を洗うタオル

ブラシやバスボールは簡単に手に入れることができますが、ナイロンタオルのようなタオル状のボディタオルはあまり目にしません。

お好みのボディタオルがあれば、予備も含めて多めに持って行くことをオススメします。

 

眉用のハサミ

毛抜きはよく見るのですが、眉用の小さいハサミは見つけるのが大変かもしれません。また、T字カミソリ(安全カミソリ)は売られていますが、顔そり用の小さいカミソリもカナダでは見かけません。

なお、ハサミやカミソリは手荷物検査場において刃物として没収される可能性があります。手荷物には入れずに、預け入れのスーツケースに入れておくことをお勧めします。

 

価格は高くとも、ほとんどのものは海外でも手に入るようになりました。もちろん、日本にあって海外・カナダにないものを考えたら枚挙に暇がありません。しかし、ちょっとしたものを日本から持ち込めば、あるいはちょっと多くお金を払えば、海外においても不自由なく生活を送ることができます。

これから海外渡航、海外移住される方はしっかりと準備を整えて、快適な海外での生活を実現してくださいね。

 - カナダの生活

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  Related Posts

ウェルチを使った自家製ワインの作り方

カナダでは、個人で消費する場合か無料で提供する場合に限って、自家製のワインあるい …

TELUS SIM card
カナダで安く携帯電話を購入して利用するならプリペイドがお勧め

カナダに滞在するときに、どんなプランの携帯電話を利用すればいいのか迷う方も多いの …

Shell Gas Station
カナダ アルバータ州でガソリンの価格が1リットルおよそ40円に!

シェル カナダがアルバータ州で石油を精製して30周年を迎えたことを記念し、アルバ …

TOP TEN The Beer Store
カナダで人気のビールTOP10 The Beer Store調べ

キリンビール株式会社が2014年に発表した「2012年国別一人当たりビール消費量 …

Supermarket Shopping
カナダのスーパーを紹介 安いスーパーマーケットはどこ?

国土の広いカナダでも、多くの地域で見かけるような有名スーパーについてご紹介します …

Community Mailboxes
カナダ郵便公社(カナダポスト)が郵便物の戸別配達の廃止を発表

カナダ郵便公社(カナダポスト)は、今後5年間で郵便物の戸別配達を都市部でも取りや …

Sleepy BEBE the cat
カナダのペット事情 全家庭のうち約半数がペットを飼っている

カナダ統計局の発表によれば、カナダ国内では約350万匹の犬と約450万匹の猫が飼 …

Banana Bread Ingredients
カナダの消費税は何%? GST, PST, HSTについて

海外の消費税は高いと聞きますが本当でしょうか。先日、バナナケーキを焼きました。使 …

roundabout
日本が導入した環状交差点 ラウンドアバウトとは

改正道路交通法の施行に伴い、2014年9月1日から、日本全国7都府県の15カ所で …

Japanese Keyboard
海外で購入した英語キーボードでアンダーバーがでない

海外で購入したキーボードをよくよく見ると、日本のキーボードとはいくつか異なる点が …